リアリズムの源流(江藤淳)

「リアリズムの源流-写生文と他者の問題」「ある遁走者の生涯について-永井荷風」「近代日本文学の底流」「"フォニイ"考」などを読む。

<he who writes or composes without the true inner fire…will always be a phony. –H.W.Van Loon(内に燃えさかる真の火を持たぬまま文を書き詩を作る人間は、・・・つねにフォニイであろう。–H・W・ヴァン・ルーン)>

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中